ニュース・イベント

地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門について

地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門メンバー

 2012年4月、東京海上日動火災保険株式会社の寄附を受けて、東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)内に「地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門」が開設されました。当研究部門では、東日本大震災の被害実態やこれまでの巨大地震における津波(波高分布や到達時間)を評価し、国内外における社会での脆弱性や防災力を考慮した被害推定や発生確率を加えた津波リスクの評価手法を研究します。また防災・減災に関するセミナー開催や防災教育ツールの開発等を通じて、得られた知見を広く社会に提供していきます。

■目的

 地震津波リスクに関する研究を展開するため、国内外での地震による津波の評価(波高分布や到達時間)をベースに、社会での脆弱性や防災力を考慮した被害を推定し、さらには、発生確率を加えた総合的なリスクの評価手法について検討を行います。


■研究内容と活動

  • 地震津波リスクについて共同で研究を実施
  • 国内外での津波リスクデータの収集と整理
  • 東日本大震災での被害実態と復興関係の情報収集と整理
  • 各種シンポジュウム・啓発活動の実施
  • ■メッセージ


    今村 文彦 (教授)
    imamura

     地震・津波リスク評価における体系的な仕組み・手法を構築することで、より信頼性の高い推定が可能となり、沿岸地域での減災計画を行うための基礎情報として、安全・安心な社会づくりに貢献したいと考えています。特に、津波リスクは今まで手つかずの分野であり、国内外からこの成果を求められております。今後、国内外でのリスク評価を実施し、体系的な予防防災・減災への支援、さらには、リスクを転化する免災というシステムを構築していきたいと思います。

    サッパシー・アナワット (准教授)
    suppasri

     アジア・アフリカ10ヶ国以上へ大きな影響を与えた2004年インド洋津波を経験し、さらには世界で最も津波対策レベルが高い日本でも大きな被害を受けた2011年東北地方太平洋沖津波も経験しました。それらの経験から総合的な地震・津波リスク評価研究の必要性が高いと考えます。そのため、国内外の研究ネットワークと共に、過去のデータ、数値解析モデル、現地調査等によって、国内外地震・津波による人的・建物的リスクを評価します。その結果を社会へ提供し、より災害に強いまちづくりへの提案をしていきたいと思います。

    山下 啓 (助教)

     2015年10月に着任いたしました(近日更新予定)。


    安倍 祥 (助手)
    yabe

     津波は、事例ごとに異なる様相を見せ、私たちの想像を越える被害をもたらしてきました。津波から命を守るためには、事前に考え備えておくこと、そして空振りを恐れない早期の避難が不可欠です。地域特性を理解し津波リスク情報も活用して、沿岸地域の防災・減災対策や避難計画を考えるとともに、東日本大震災の事例と教訓に学び、地域の防災力を高める活動にも取り組みます。

    林 晃大 (助手)
    hayashi

     海岸林などの植栽による津波減災効果について研究しています。東日本大震災では、減災効果を発揮した海岸林、そうではなかった海岸林の双方とも事例が確認されており、今後はその効果と限界を正確に把握する必要があります。津波の被害から我々の生活の場を守る手段として、コンクリート防潮堤などの人工物のみならず、海岸防潮林といった自然の力を用いた津波減災策を提案していきたいと考えます。

    保田 真理 (津波工学研究分野 助手)

     地震や津波のみならず、風水害など、災害列島とも呼べる日本に暮らしている我々は厳しい自然環境と上手に付き合い、日々の暮らしを守って来た長い歴史があります。災害科学国際研究所の中で、地震津波災害リスク研究部門の研究者は、リスク評価を通じて如何に減災できるのかを日々探求しています。地域社会に有効な減災対策を発信することに努めて行きたいと思っています。



    Copyright © 2012 IRIDeS 地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門. All Rights Reserved.