2015年9月17日,チリで発生した地震に伴う津波の数値解析結果
東北大学 災害科学国際研究所 災害リスク研究部門 津波工学研究分野

波源モデル

Case 1

Fault origin (lat, lon) = (-71.752, -31.581)
Depth : 25.5 km
Fault Length / Width : 228 km / 86 km
Source Mechanism (Strike, Dip, Rake) = (353, 19, 83)
Slip : 3.3 m

Case 2

Fault origin (lat, lon) = (-71.752, -31.581)
Depth : 25.5 km
Fault Length / Width : 228 km / 86 km
Source Mechanism (Strike, Dip, Rake) = (180, 71, 92)
Slip : 3.3 m

津波数値解析結果 (速報値)

Case 1

Case 2

Geverning Equation : Linear Shallow Water Equations (Far-field model)
Numerical Scheme : Leap-frog Finite Difference Method (TUNAMI-CODE of Tohoku University)

最大波高分布 (速報値)

最大波高分布(Case1)

aftershocks

最大波高分布(Case2)

aftershocks

最大流速分布 (速報値)

最大流速分布(Case1)

aftershocks

最大流速分布(Case2)

aftershocks

カラーバーは可視化のため小さくしています. また、浅海域で流速が大きくなっています。

関連情報

震源等

USGS
Global CMT

観測波形と計算波形の比較

観測点

aftershocks

Case1

aftershocks

Case2

aftershocks

Geverning Equation : Non-Linear Shallow Water Equations (Far-field model)
赤線 : 計算波形, 黒線 : 観測波形 (IOC)

津波観測情報

NOAA/PTWC
NOAA/NDBC
NOAA/NGDC
UNESCO/IOC

メディア情報

ABC
BBC
CNN
NHK (in Japanese)
Kahoku Shinpo (in Japanese)

*

by:

今村文彦, Latcharote Panon, Nguyen David, 久松明史, 田野邊睦, 牧野嶋文泰, 渡部真史, 戸川直希, 長谷川夏来

(津波工学研究分野)

佐藤翔輔

(災害アーカイブ研究分野)

林晃大, 安倍祥

(地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門)

Suppasri Anawat

(災害ポテンシャル研究分野)

山下啓

(低頻度リスク評価研究分野)